FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
年を越し、ようやく新記事アップ
 去年7月に取材した「なぜ民主主義が定着しない?」をようやくアップしました。確かに勤務先の仕事が次から次と切れ目なしにあり、考えたり、作業する時間がなかなか取れなかったのは事実ですが、今回は特に纏めるのが難しい内容だったからとも言えます。サイトにアップした記事に目を通して頂ければ分かりますが、長くなり、着地できていません。その上、昨年末、関連の重要人物にインタビューできるようになり、それも記事に織り込んだため、年を越したという次第です。
 一緒に取材して回ったタイ人の友達も同じことを言っていますが、短く整理したり、型にはめて図式化するとシンプルで分かり易くはなるのですが、現実とかけ離れて行く観が拭えません。様々な要素が複合的に絡み合ってのことなので、冗漫で曖昧ではありますが、ぼんやりとでも感じが伝われば良いと、発表に踏み切りました。考えるための情報は提供しているので、後は受け手それぞれが自由に解釈して頂ければ良いと思うのです。
 いつも思うことですが、単純化し予定帰結の範囲に収めることは、勤務先の仕事でずっとやってきています。そうしなければ、商品にならず、給料を貰えないからです。しかし、その手法を自主取材にも用いてしまうと、すっきり分かり易い報道にはなるのですが、自分が伝えたいこととは違って来てしまい、自主取材の意義がなくなります。より多くの人に読んでもらえたり、取材や編集の採算が取れたりすることと、自分が伝えたいことや維持したいスタイルの間で、いつも悩んでいるということです。
 新しい記事も茫洋としているかも知れませんが、テーマに沿って取材対象を選び、得た素材から意味のある部分を抜き出し、取材終了後にさらに取捨選択し、強弱をつけながら並び順を入れ替え構成しています。この一連の作業には一定の方向性があり、取材執筆者の主観が十分に入っています。というか、主観を入れずしては、不可能なことです。ものの見え方は、見る人の生い立ちや現在いる環境、つまり視点に拠って人それぞれです。だから、これ以上煮詰めて、結論づけることは“大きなお世話”になるので、止めておこうと思っています。結論ありきまでは行かなくても、型に嵌め込むように纏められたものには、受け手として常々違和感や疑念を抱いているからでもあります。(しんぼー)

 
  
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する