FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
有給ボランティアは、その精神に反する?
 東北大震災の被災者に、外国政府を含め、様々な団体や企業などを通じて多くの人々から義援金が寄せられています。ところが、プロジェクトや使途を決めて、受け取って分配する行政機関自体が被災していたり、また、優先する業務があったりしています。その結果、義援金が必要な所へ的確・迅速に届いているとは言いがたい状況です。大規模な天災でなくても、内戦下で役所が不在だったり、政治的に割れていたり、途上国では生活のために賄賂や横領が日常茶飯事だったりして、やはり義援金や寄付がなかなか必要としている人々へ行き着きません。
 だから、医療福祉や建築土木、教育などと並んで、援助を管理運営するボランティアも必要だと思うのです。この種のボランティアは短期の休暇や休日に時々活動するのでは機能しないので、専任の有給ボランティアでなければ務まりません。ボランティアスタッフが義援金や寄付の中から報酬を取ることに、ボランティア精神に反するという人がいます。しかし、小生などはそうしたプロのボランティア団体に20年以上寄付を続けています。逆に、管理運営スタッフが十分でない所へは寄付していません。
 というのは、援助を活かすには、地域の人たちに話し合いを促し、要望を纏め、且つ、緊急人道援助の時期が過ぎていたら、一時金的なバラマキではなく、不平等や不正がないか見守りながら、生産・経済復興に繋がるような使途や配分を助言しなくてはならないからです。そのためには被災地のポテンシャリティをリサーチしながら、その地域の人々の信頼を得なければならず、腰を据えての仕事となります。
 そもそも「ボランティア」という言葉は「無報酬で」ということではなく、「自主的に」とか「自分の意志で」という意味です。たとえ有給スタッフとして働いていても、目指す支援が不要な状態になれば、その地では失業するわけで、安定収入が得られ、将来に展望が持てるとは言い難い職です。国連の下部組織や国際・ローカルの非政府機関(NGO)のスタッフが有給であるように、やはり義援金が有意義に使われるためには、その規模に応じた専任ボランティアたちの報酬は必要経費とすべきだと思うのです。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助 - ジャンル:福祉・ボランティア

この記事に対するコメント
寄付金の活かすには
 イマダさま
 当ブログにコメント、どうも有り難うございます。
 税で得た予算をいかに使うかで、政府の善し悪しが決まります。寄付金も緊急援助の段階では必需品や一時金をばらまく必要があります。しかし、少し時間が経ち、復興援助になると、行政が十分機能していない場合、プロのボランティアが被援助者たちの意見を纏め、プロジェクト化していかなければならないと思うのです。これは専業になるので、生活できるだけの報酬がなければ無理です。そして「経験」よりも、知らない人々の間に入り込んで行く積極性やプロジェクトの進行を見守ることに喜びを感じられる人が適任者なのだと思います。
 今後とも、当ブログをどうぞ宜しくお願い申し上げます。
【2011/06/07 00:10】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]


日本は世界から見れば、異端者です。金に対して鈍感なように、ふるまうことが良しとされています。現実に即したものの考えを、進めようとはしません。世界では通用しない、ボランティア観を持っている国民性だと思います。東北に関するボランティアのレポートで、初めて参加したということが伝えられています。ボランティアを受け入れた側は、どういう対応をしたか、その声を知りたいですが発言はないでしょう。
無償を原則にしているため、より良い活動が誰しも求めていないからです。
わたしは、経験を積めば上のステップのボランティアをしたいですが、あなたはどうですか?ここが金にかかわる点だと思います。
【2011/06/06 17:16】 URL | imada yusaku #QxEsFHyI [ 編集]


赤十字の職員もユニセフも国連も、彼らをボランティアと思っている人は、一般人ではいないと思います。 それは、給与を貰っているからです。 ボランティアと言うことばには「無償奉仕」という概念が定着し、それが崩れればボランティアと言う言葉自体に意味がなくなると思います。 ですから、有給ボランティアとは、相反する概念が結合した、受け入れがたい言葉に思えます。・・・多分、一般人はそうでしょう。 赤十字の職員や救助隊は良い仕事をした、と通じますが、ボランティアが良い仕事をした、とは何か違和感を感じます。 ボランティアは、活動や行いをした。の方がスッキリするでしょう。  とは言っても、貴兄の言われるように、長期で活動(仕事ではありません)も必要です。 給与でなく活動費と言った方が良いでしょう。 その場合は、どの程度、国民が活動費を「無償奉仕」と認めるかが問題となります。 一定以上になれば、給与になってしまうからです。 一つの妥協案では、生活保護の金額までの報酬であればボランティアと言い、それ以上は、仕事と区別すると言う考えもあります。 何故なら、生活保護の金額は、国民が生活して行く最低の基準として国が認めているからです。 これより高いと言うのならば、それは、仕事になります。  
【2011/04/27 19:29】 URL | 賛成できません #TY.N/4k. [ 編集]

様々な価値観があっての社会
 当ブログを真剣に読んで下さっているようで、どうも有り難うございます。
 警察や消防、軍隊へ入るのも、公務員になるのも、本来ボランティア精神からだと思います。なぜなら、民間私企業と異なって、利益を追求する仕事でなく、危険な任務などで手当が付くのも考え物、むしろ暇な方が良いわけですから。つまり、一財産作ってやろうと私利私欲でそうした仕事に就く人はいないでしょう。
 一方、ブログ本文にも書いたように、生業が他にあって、その休暇にできるボランティア活動ばかりではなく、長期に専業で当たらなければならない事業もあります。となると、贅沢は出来なくても、普通に暮らせるだけの収入がなければ続きません。
 現に、赤十字も、ユニセフも、UNHCRも、また、国連機関と連携したり、ODA草の根資金の対象事業をやっている数多くのNGOなども、専任の有給スタッフが運営しています。
 これが小生の観察に基づいた意見です。もしかしたら、観察されている対象が違うから、正反対の意見になっているのかも知れませんね。いずれにせよ、様々な価値観がある社会の方が健全だと思っておりますので、これからもご意見があれば、どうぞ書き込まれて下さい。(しんぼー)
 
【2011/04/27 03:08】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]


貴兄の意見に全く賛成できません。 ボランティアの中に有給と無給が混在することはモラルハザードが起こります。 ボランティアはあくまで(食費、交通費等実費を除いて)無給でなければ、ボランティと言う言葉自体に意味がなくなります。 貴兄の主張では、災害救助の警察も自衛隊もボランティになってしまいますよ。 人に欺瞞を植えつけます。 有給ならば、ボランティアと言う言葉を使ってはいけない。 何か勘違いしている。 
【2011/04/26 11:11】 URL | 賛成できません #TY.N/4k. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する