FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
受け手がスポンサーではないから?
 最近つくづく思うのですが、いわゆる「パブ」や「サス」、広告特集のようなテレビ番組の多いこと。加えて、以前なら再放送がかかっていた時間帯はテレビショッピングが占めています。ゴールデンタイムは仕事中という人も少なくないのですから、午前中の再放送はそれなりに意義があったと思うのです。ということで、いくら商業放送と言っても、近年の地上波はまるでケーブルテレビのショップチャンネルを見ているように感じるのです。
 何十年も前から観光局や航空会社が観光客誘致のタイアップ番組を作ってくれと、アゴ足付きのロケはありましたが、マストの要素を消化すれば、歴史文化や自然、人物などに焦点を当てられました。しかし、このごろ目白押しの温泉グルメ番組に於いては、余録の部分はなく、辛口の評価も勿論なく、良いことのみの一面的な取材で、本編丸ごとPVかCMのようです。
 果たして、これで視聴者の役に立っているのでしょうか。受け手は満足しているのでしょうか。番組を参考に週末や休暇の予定を立てるにしても、あまり参考にならないと思うのです。業者はメディア取材だと判れば当然、宣伝しようとし、取り繕ったり、襟を正し、平素の姿がありのまま伝わっているとは思えないからです。
 スタッフやリポーターが一人の客として体験し、或いは、一般の利用客に協力してもらうスタイルは、ネガティブな印象や評価になった時に、業務妨害だと訴訟沙汰になるからやらないのでしょうか。技術的には民生機でも十分放送に耐えますし、一般客でもかなり鮮明に写るデジカメでパチパチ撮るのが珍しくない時代になっていますので、顔出しの喋りと当人が撮った写真や映像があれば十分持ちます。
 結局、番組スポンサーは視聴者や消費者ではなく、被取材者側の企業だから、こうした売り手の立場に立った番組になるのだと思います。一つだけでも視聴者が制作費や電波料を負担する枠があれば、率直で両論併記の番組が作れるのかも知れません。しかし、そうなるとNHKとの差別化が新たな課題となりそうです。また、それ以前に、そんなにサービス業や観光地ばかり取材してどうなるのだという問題に直面しそうです。(しんぼー)

 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
ご連絡、有り難うございます
 佐々木幹夫さま
 山田芳郎カメラマンが亡くなったと聞き、大変驚いております。
 小生が13年前、福岡市にあるテレビ局へ勤めるために東京を離れて以来、一度もお会いすることなく、近年はどんな仕事をされているか情報もありませんでした。
 実は、よく一緒にロケに行っていた音声マンが、やはり山田氏と同じくらいの年齢だったのですが、先月ガンで亡くなった矢先のことで、ショックです。
 ネットで調べましたが、釣りのビデオ制作を数年前にされていたことと、熱海で葬儀があったことくらいしか判りません。もし支障なければ、なぜドバイで?事故・急病?ご遺族のご住所などお教え頂けませんでしょうか。
 内容的に掲示板でなく、メールの方が良いと思われますので、小生のウェッブサイトのメーラーをご利用下さい。お手数をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
【2011/06/21 01:19】 URL | しんぼー #QWOCFVbQ [ 編集]


阿佐部伸一さま
はじめまして。山田の同級生の佐々木幹夫と申します。
突然のメールお許し下さい。
今月7日に山田はドバイにて亡くなりました。
ネットで山田の名前を検索したところ、阿佐部伸一さまの動画に出会いました。
もう、すでにご存知かもしれませんが、一応お知らせをしておこうと考えた次第です。
山田の撮った映像を見させていただき、ありがとうございます。
本当にありがとうございます。
佐々木幹夫
【2011/06/20 21:11】 URL | フォトジャーナリスト #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する