FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
地デジ化、送り手・制作者側にとって
 24日の午後、とうとう地デジ対応のテレビを買って、その日のうちにセッティングを終えました。小生、放送局に勤めていて、担当はラジオではなく、テレビの番組制作なのですが、地デジは会社で毎日見ているからと、自宅のテレビはアナログ放送終了当日のデジタル化となりました。というのも、全然わくわくせず、仕方なしにということだからです。
 爆発的に普及した携帯電話に周波数帯を譲る一方で、デジタル圧縮技術でHDや文字放送、5.1chなどが可能になりました。しかし、世界的潮流とはいえ、ユーザーや放送局からの要望ではなく国策での地デジ化で、放送されるコンテンツ自体は以前と変わりありません。地デジの絵音の美しさといったハード面の良さを活かし、美術作品や大自然、クラシック音楽やジャズを扱った番組が増えたかと言えば、そもそも需要がないので増えません。テレビ放送がカラーになった変革よりも、一般ユーザーの喜びは大きくないのではないでしょうか。
 それは送り手側にいる制作者の小生も同じです。デジタル化の恩恵は撮影や編集の機材がものすごく安価になりながら、物理的なクオリティーはアナログより数段良くなっているというところです。しかし、嬉しくないことは、ピントが少しボケていてもバレてしまうので、撮影の段に大変神経を使わざるを得なくなり、16:9という横長の画角を有効に使う構図で苦労すること。また、5.1chなどはステレオ録音でさえ現場では難しいのに、マイクを4、5本立てるなど到底できません。これでは肝心の内容に集中できません。テレビは映画のように大人数で、或いは、じっくり腰を据えて撮れることは稀なのです。また、文字情報も同時にまったく違う情報を得るためのもので、映像を補強するような使い方はできず、もしそうしても今度は映像を見てもらえなくなってしまいそうです。
 受信料があるNHKを除いてのことですが、BSやCS、ケーブルが普及した際に明らかになったように、チャンネルや枠が増えても、結局は放送局は増収、スポンサーは右上がりの経済を期待しています。地デジ化しようが、多チャンネルになろうが、儲からないニュースやドキュメンタリーがどんどん放送できるようにはならないようです。そうした専門チャンネルはありますが、一からの取材や制作はせずに配信が主な業務で、地上波の再放送や、海外から買った番組がほとんど全部です。やはり商業ベースで考えると、需要が小さく、そういう形でしか成立しないと言えます。小生にとって、地デジ移行のメリットは結局、テレビ受像機を含めて機材が安くなった、唯それだけのようです。(しんぼー)
 
 
スポンサーサイト




テーマ:地上デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する