FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
消極的自殺
 15年くらい前に何度か一緒に仕事をしたカメラマンの訃報が先月入りました。それ以来「消極的自殺」ということを考えています。小生が引っ越したこともあり、彼とは長年一度も会うことなく、年賀状も途絶えていたのですが、彼の高校時代の同級生という男性がネット検索で小生が仕事仲間だったことを割り出し、メールしてくれたわけです。
 同級生によると、中東の首都で客死したそうなのですが、詳細な情報がありません。各紙に全く載っていなかったことから、事件性はなかったであろうということだけは判りました。香典を送った実姉から後日かかってきた電話によると、現地へはバンコク経由の単独旅行で、路上に倒れているところを熱射病かと発見され、病院へ搬送されたそうですが、そのまま意識が戻らず逝ってしまったそうです。
 彼は小生より5歳くらい若かった筈です。当時、小生は彼と同じフリーランスでしたが、子供のこともあってサラリーマンに戻りました。一方、彼はフリーを貫いていたようです。定期健診や福利厚生のある会社員と違って、フリーランスは最低年一回の健康診断や異常があった場合の治療、ジムへ通ったりジョギングをしたりしての体力維持を自主的にしなければなりません。それを彼がしていたか否か知るすべもありませんが、そもそも、それは「しなければならない」ことではなく、「した方が良い」という次元のことでしょう。
 健康診断や体力作りの時間や費用を惜しんだり、言葉が通じない国を通訳ガイドや助手を雇わず、或いは、それを友人に頼んだりせず一人旅したりすることも、結果の予測が出来た上で、最終的には自らの意志で選んだ筈です。つまり、想定内にあった最悪の事態に遭遇した時も仕方がないという開き直りというか、刹那的な価値観が根底にあるような気がします。彼にパートナーがいたかどうかは判りませんが、独身だったとのこと。国内の孤独死も50、60代の独り暮らしの男性が多いというデータがあります。同世代の同性として分かる部分があるだけに、やるせない気分が続いています。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する