FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
足を知る者は富む
 平和を願って、飢餓や戦争を避け、自然環境や文化を守るということが、換言すれば、命と人権を大切にすることがジャーナリズムの究極の目的だと小生は思っています。しかし、目の前で起こっていることではなく、直接的な影響がないとなると他人事で、日本国内では政局や経済振興、果ては娯楽的要素の強い芸能スポーツばかりが報じられています。商業メディアだから、そうした内容に需要があり、需要に合わせなければ事業や企業として立ち行かず、大事なことも報道できなくなるからと言ってしまえば、それまでです。
 しかし、社会や世界は皆が望む方向に変化を遂げてきているでしょうか。もしそうだと言うならば、その人が属す国や企業、階層、地域、家族などに於いてはという限定的な条件を付けなければなりません。自国政府の主権や国体を護ろうとすると、富国強兵しかないという論理があります。それでも、近代にどこかの国の植民地となり、今も平均寿命が60代以下、一人あたりのGDPが2000ドルに届かない、いわゆる途上国に行った時にいつも感じることがあります。市民にはそれなりに暮らしがあり、楽しみがあり、幸せがあるということです。子供だけでなく、大人にも笑顔があるのです。
 どことも隣国とは仲が悪く、強権政治だったりということはあります。しかし、日本のようにメディアも加担して、政府や大企業が市民を囲い込んで世論誘導し、過剰な生産や消費をさせることも少ないように見受けるのです。それは右上がり経済だとか、拡張主義には利するところがあるかも知れません。途上国では市民の側にもそんな貪欲な金銭欲や物欲はなく、投機や運用、債券の売買どころか、返済できないほどの借金などさせないし、していません。 
 外交官試験にパスし、複数のG8やG20と言われる国々へ長期出張経験があるカンボジア人の親友は、モノが溢れ便利な生活も目の当たりにしていますが、移民しようとは考えず、料理の上手な奥さんとプノンペン郊外で倹しく暮らしています。気候や宗教を背景にした国民性だけでなく、また、高等教育や外国生活の経験の有無とは関係なく、農民や労働者もどこか感覚的に人生を悟っているようにも見えます。その土地の地政学的な要素を含めた資力に見合った、つまり、身の丈に合った暮らしをしているように思えるのです。やはり「足るを知る者は富む」という格言を思い起こします。しかし、メディア自体が経済活動に深く組み込まれている日本では、たとえ命や人権を脅かす危険があっても、それが国家単位のこととなると、自分たちの存立に逆行するような論調はタブーのようです。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する