FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
何をか言わん、でも、石に灸
 近日中に取材に行きたい国があるのですが、やはり入国できないようです。その国は査証免除国ではなく、到着した空港でのビザ申請は出来ず、その国の在外領事部でビザを取ってからでないと、航空会社もパスポートにビザがなければ搭乗を拒否します。しかし、その国は近年、観光客やビジネスマンにはパックツアーに限らず個人旅行でも門戸を開いているのです。そんなに変化しているのだからこそ、取材する必要性が増したとも言えます。
 しかし、未だにジャーナリストやマスコミ企業に勤めている人の立ち入りを頑なに拒んでいます。それには政治に関係ない観光パンフレットの写真を撮るカメラマンや、新聞社でも総務部といった記者でない社員、それに文筆活動をしている大学教授なども含まれています。その国を専門にやっているビザ申請代行業者に拠ると、日本人ジャーナリストが取材中に撃たれた5年前から一層厳しくなっています。
 領事部が申請者をメディア関係者と疑うと、観光ビザでも報道ビザでも申請書類に目を通すだけで受理しなかったり、受理しても追加の証明書や、「国内で撮った写真やビデオを公表しない」といった誓約書を求めて来るそうです。申請書の職業欄には会社名と住所があり、その会社の名刺だけでなく、源泉徴収票の添付も求めてくるとのこと。また、パスポートにジャーナリストと判る他の国の使用済みビザがあればアウトです。申請が受理されて数週間待たされ結局ビザが発給されなかった例から、インターネットなどで徹底的に調べているフシがあります。となると、ビザ申請の時だけ便宜的に別会社に籍を移したりする小細工も通用しなさそうです。
 この国は曲がりなりにも新憲法を作り、選挙もして来ました。しかし、1990年代前半、ダメ元でビザ申請しておき、独裁者がプロパガンダを発したいと外国人ジャーナリストを入れる判断を下すまで待って入った頃と何ら変わっていません。ここまでするということは、何をか言わんやで、ジャーナリストへの挑発だと思うのです。そんな政府は内部的な事情があったとしても理解されないでしょうし、何かにつけて批判されることになります。ですが、実際、同情的な視点は皆無で、理不尽な政権と見られていても“石に灸”状態です。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する