FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
日本円と日本のパスポート
 自主取材から戻りました。いやぁー、仕事よりも、ホテルで参りました。私と同じフロアーの日本人男性の御濫行!40代から上、6、7人のグループだったのですが、どの男も娘のような歳の女性を一人ずつ侍らせています。半裸で部屋を行き来し、タバコの煙がこもるからかドアを開けたまま、“酒池肉林”の宴会です。あまりおおっぴらにして、顰蹙を通り越し、事件にならないかと心配です。
 そもそも自国で相手にされないケチで助平なオヤジが、外国だからと急にモテる筈ありません。会ったばかり、そのうえ言葉も通じない女性は、強い日本円と、世界のどこへでも行ける日本のパスポートに魅力を感じているわけです。しかし、男たちは日本から来た日本人であることを最大限利用しているようで、壁越しに高笑いや嬌声が聞こえてきます。
 先進工業国では結婚難が顕著です。それは女性の権利や教育、収入が高くなり、男性が選ばれるようになったからでしょう。楽に暮らしていける年収や、将来に不安のない仕事などが、結婚の前提となっています。前者は現地の女性にとっての「日本円」、後者は「日本のパスポート」に相当します。
 後先のことなど考えず、駆け落ちなんていうラブ・ストリーがフィクションの中だけになってしまった昨今、男女の仲はいずこも結局こんなものなのでしょうか。
 さて、自主取材の脱稿は、食いぶち稼ぎの仕事を優先しなければならず、ちょっと先になります。ウェッブサイトには必ず掲載します。お楽しみに!(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
こんにちは、
こんにちは。
もともと戦争などにも興味があったり動物と人間の共存をテーマにした職業につきたいです。ずっと前、テレビで見ていたCMの中でとても印象に残る写真がありました。その時に写真にとても大きな力があるんだと気づき、もともと写真を撮るのも好きだったので、フォトジャーナリストになりたいと思いました。
フリーで働くということは誰かプロのフリーの人の所に修行に行って、そのあと自立するという形をとるのですか??
今、高校生なのですが、卒業したら海外の大学でジャーナリズムをとりたいです。
国際的なことにも興味があって、戦争の悲惨さや、動物虐待のことなどをたくさんの人に知ってもらいたいと思っています。私にフォトジャーナリストはむいてるのでしょうか??
良ければお願いします。。
【2006/08/01 11:15】 URL | まちゃこ #nE80w6Mg [ 編集]


お初です。チェンマイ在住のyamaojiです。日本人が自分の娘、否、孫と同じ年頃の娘を連れて市内を闊歩している日本人を見ると日本人として恥ずかしいと思います。色事ですから多めに見ますがあれほどおおっぴらにされるとここにひっそりと暮らしている者にとってはとてもいただけません。秘めてこそ色恋かな、お諌めいたします。
【2006/02/15 02:13】 URL | yamaoji #- [ 編集]


 書き込み、どうも有り難うございます。
「フォトジャーナリストになるのに、必要なもの」は、1に写真や原稿が売れなくても喰っていける生業、2に理解があって、できれば、支援もしてくれる彼女や嫁さん、3に志、4に根気、5に技術、でしょうか。
 過去のブログにも似たようなことを書いていますし、宜しければ、リンクを張っているウェッブサイトも覗いてみてください。
 ご健闘をお祈りいたします。
【2006/02/15 01:10】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

初めまして
偶然にこのブログを見つけ、お邪魔しました。私は大学2回生、そろそろ就職のことなどを考え始めました。高校の時、国際理解という授業で「カンボジアの子どもたち」というテーマにし色々研究し、自分にできることを探しました。また大学に入り、写真に興味を持ち始め、フォトジャーナリストになりたいと思っています。現地へ行って、生の風景を目にし、そこから真実を得ることができるのではないだろうかと思っています。行きたいとは思うものの、それを行動に移すことが今まではなかなかできませんでした。安全とはいえない見知らぬ国へ行くことの不安があるからなのか・・・どこにいても完全に安全とは言えないのですが。でも、このブログを読ませていただき、行って自分の目で現実を確かめたいとう気持ちが一層高まりました。ありがとうございました。フォトジャーナリストになるには、これだけは必要なものとか何かあるのでしょうか?もしよろしければ、教えていただけないでしょうか。
【2006/02/14 23:58】 URL | 703 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する