FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
昼夜逆転のオリンピック
 オリンピック観戦の取材を勤務先で命じられ、日本にいて連日イギリス時間での生活になっています。東京オリンピックは高度成長とインフラ整備に拍車をかけ、ロサンゼルス以降は重商主義に。平和の祭典といいながら、選手たちは文字通り国旗を背負って競技し、思惑であれ、結果であれナショナリズムを煽っています。
 スポーツに並んで世界中で大衆化し、一大産業になっている音楽では、どこの国のアーティストであるかということはあまり重要視されていません。また、ヒットチャートや各賞はあっても、その順位と聞き手それぞれの評価が異なっても、好みに合えば、感動すれば、アーティストの帰属国を含めて、どうでも良いこととなっています。スポーツにもドラマがあり、それに感動することもありますが、音楽では不可能かナンセンスな数値化ができ、単純に優劣や勝敗を分けられることが、スポーツがより大衆の間で先鋭的なベクトルを生みやすくしていると思います。
 切磋琢磨することに異論はありませんが、せっかく音楽同様に言葉や慣習の壁がなく、ルールさえ共通ならば国籍を超えて楽しめるスポーツを、どうして国家への帰属意識や国単位の団結を固めたり、スターやブームを作って大量消費を促す方向に利用するのでしょうか。結局オリンピックにしろ、日頃の鬱憤を晴らし、受動的な娯楽を求めている大衆のニーズを、政財界が自分たちの利益に繋げようとしている構図が見えます。
 スポーツや音楽こそ、あらゆる帰属を意識せず、その種目やジャンルが好きな者同士が交流すれば良いのにと、そうすれば国家や階層の間にある、或いは、作られた偏見や誤解が市民レベルから弱まり、差別や紛争、戦争などの抑止力にもなるでしょう。こんなことを考えている小生なのですが、時代の大きな枠組みに呑まれ、今夜もニッポン!熱狂的応援を求めて出動です。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する