FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
事なかれ・儲け主義
 事件事故があったり、社会に重大な影響がない限り、それが民間営利企業ならば取材を断れても仕方がないと思います。しかし、近年公共性の高い学校などの取材も非常に難しくなっているのが事実です。こんなことを愚痴るのも、勤務先で持ち場替えがあり、もう定年までないだろうと思っていた社会ネタを再び扱うことになり、そうした壁をひしひしと感じる立場となったからです。
 取材を断る理由には「個人情報の保護」や「人権擁護」などが挙げられるのですが、殊に学校の場合は文部科学省や教育委員会、人権団体、それに所謂モンスターピアレンツの反応を恐れてという観が拭えません。或いは、私立ならば当然かも知れませんが、公立校であっても新入生減を招くようなネガティブな印象を与える事柄は、やはりタブーとしています。
 子供たちの教育を家庭や地域社会が一緒になって考えるため、また、一般市民や地方・中央政府が見過ごしている重要な事例を呈示するといった建設的な趣旨であることを説明し、且つ、プライバシーを保護する取材・撮影・編集方法を採るという条件を出しても、断れれる場合が殆どです。
 小生が駆け出しだった頃は校内の取材も名刺一枚で自由に出来たものですが、良識の範囲で取材し問題になった記憶はありません。しかし、少しずつ事前に文書で質問事項を提出することや、人物が入る場合は全体にボカシをかけることなどが求められるようになり、ここ数年は学校がブラックボックス化しているようにさえ感じる始末です。上から目線で糾弾しようなどとは全く考えておらず、問題を共有し、一緒に解決法を見いだす努力の端緒をという思いからなのですが、頑なに取材拒否されると学校側の“事なかれ・儲け主義”を疑いたくもなってしまいます。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する