FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
ネット上でのスタンス
 インターネットの掲示板が出現するまでにも、匿名座談会というものはありました。職業や年齢だけは明かすことが多く、開催した証拠に顔が分からないように処理した写真や映像を付けたりするものです。事実や忌憚のない意見を話せるようにという方向性や目的は同じでも、ネット上でいう「祭り」や「炎上」のようなことは匿名座談会では殆ど起こりません。なぜなら、匿名であっても話し合っている者同士は顔が見えている上に、もし不適切な表現などがあった場合は公表前に削除しているからに他なりません。
 体制側が広く知られたくない事実や反体制な意見は、公言することに嫌がらせなど圧力がかかるのは古今東西あり得ることです。現代日本では政治色よりも、中長期的には正論であっても目先の経済を減速させるような意見は憚られるようです。ジャーナリズムはそうした少数派の声にならない状況や意見を伝えることも大事な使命だと思っています。というのも、一緒に甘い汁を吸おうとか、寄らば大樹の陰という人は多く、多数派や体制側の情報は放って置いても流布していくからです。
 ネット上の掲示板の類は一見匿名座談会のようですが、責任を持つ主催者がいない場合が殆どで、出入りが自由という二点で根本的に別物だと考えるのです。加えて、読者はもとより参加者でさえ知らない者同士ということから、裏が取れていないことを断定するなど無責任な発言や、恣意的な論点のすげ替えなどでテーマが思わぬ方向へ展開することもしばしば起こっています。百歩譲って、旧来の座談会も、たとえ立場を異にする論客を選んでいても、その段階で既に恣意的であることは否めないと断っておきます。
 ジャーナリストや記者は普通、署名入りで記事を書きたいものです。書くからには、時間や労力、経費を使って見に行ったり、調べたり、裏を取ったりという取材をしています。もとより原稿料など入って来ないネット上であっても、無署名で発信してしまうと自分の蓄積になりませんし、受け手も書き飛ばしているのではないかと信憑性を疑うかも知れません。どうしても匿名にする必要がある場合は、自分の名前は出して、その代わりに記事中の固有名詞を匿名や仮名にするという手法を小生はとっています。いずれにせよ、インターネット上でも印刷媒体や電波媒体と同様に、書いたり発信したりすることを生業としていようが、いまいが、ねつ造は言うまでもなくタブーですし、人格を疑われるような一方的な暴言を吐かないことが肝要だと思っています。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する