FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
学問としてのジャーナリズム?
 先日京都の大学でジャーナリズムの授業を2コマほどして来ました。「ジャーナリズム」は「学問」と同じような括りで、それ自体には大した中身はないように思っています。なので、学問を学問するようなことにならないかと、授業で何を話そうかと悩んだのが正直なところでした。
 研究成果を論文で発表するのが学者で、ジャーナリストは取材したことを文章や写真、映像などで発表します。似たところはありますが、ジャーナリズムは学問と違って、常に受け手があって成立することで、受け手は一般市民であり、専門家である場合は稀です。なぜなら、専門家はジャーナリストが報道する前に自分が専門とすることは知っているし、ある分野の専門家でもその分野以外のことになれば一般市民と同じ立場になるからです。また、ジャーナリストの間には特定の対象を長期取材している人も少なくありませんが、あくまでも学者や研究者とは違います。その違いは、独自の新しいものを持っている学者ら専門家はニュースソースになりますが、ジャーナリスト自身がニュースソースになることはないという点でしょうか。つまり、よく発信者という言葉が使われますが、ジャーナリストは記録・伝達者だと思っています。そして、そのために取材し、真偽を確認し、その情報を整理したり、系統立てたりして、伝わり易くするということがジャーナリストには大事な仕事になっています。
 学生の中にいた一人の中国人留学生はこんな質問をしました。「ジャーナリストと市民運動家は、どちらが社会に影響力がありますか?」。小生は「両方の力が併わさって」と断った上で「市民運動家」と答えました。そもそも市民運動という動きがなければ、ジャーナリストは取材する対象がなく、何も始められないからだと説明しました。そこで結論ありきでゴリ押しすると、ねつ造やヤラセを起こしてしまいます。もちろん厳しい言論統制下で活動家や市民が動けなくても、密会してインタビューすれば記事にすることが出来ます。しかし、その場合でも、ジャーナリストに会って話すという「動き」があるからこそ、取材対象となるわけです。
 結局、授業では最初に「ジャーナリストとは?」と学生たちに投げかけました。そして、権力や経済から独立していることが肝要と格好良いことも言いました。ですが、企業ジャーナリストもフリーランスのジャーナリストも、世界的資本主義といった厳しい環境のなか日々闘っていると、愚痴とも泣き言ともつかぬような四方山話で時間の殆どを費やしてしまったようでした。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:意見・つぶやき - ジャンル:ビジネス

この記事に対するコメント
コメントどうも有り難うございます
 nayonさま
 小生もそう思っています。経済力や人々の勤労意識なども逆になったりしていますね。それぞれの国の歴史上の時期と申しますか、平均的な一生のうちにそれぞれの国の栄枯盛衰が見て取れますね。
 また、世界のあちこちで様々なことが起こっていますが、やはり個人としては一国や一地域をウォッチしている方が、得るものが多いのではないでしょうか。網羅するには、時間もエネルギーも資金も全然足らず、非現実的なことかと。ただ、見出しだけでよければ、そういう取材の仕方や読み方というのはありますね。
 今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
【2012/12/26 02:08】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

表現する題材の多さ、2012・2013の日本
ジャーナリストという言葉になるのでしょうか、海外と日本の関わりです。
たとえば、貧困といえば身近に感じないとき、数年前にはありました。
それが、あれ~と言っている間に、高齢者から若者まで働き口がなくなりました。

海外に目を向けても、時代に応じて興味ある国は変わってきました。
あらゆるものに焦点を当てて、民衆に知らせることが可能なのでしょうか。
世界をすべてでもなく、簡単でもなく理解できる、学びをしたいものです。

イラク、イラン、アフガニスタン、
日本のあらぬ方向へ動いてゆく世界に、惑わされて、
日本での在り方を追求していない、かのような雰囲気を感じます。
表現する題材が、溢れすぎています。
【2012/12/26 01:48】 URL | nayon #QxEsFHyI [ 編集]

いつも有り難うございます
 ATPさま
 いつもブログを覗いてくださり、また、コメントまで、どうも有り難うございます。
 小生は勤務先で「ならば、定年まで“美容専門ジャーナリスト”になってやろう」と覚悟を決めていましたら、今年4月いきなり社会派に戻され、「少子化」や「いじめ」、「ヤクザ」、「自殺」などを取材しています。
 昔、熊本の化血研で開発された酵母による肝炎のワクチンを取材した時、ATPさんの仰る「一般の方に分かり易く正確に」という難しさの洗礼を受けたように思います。字数制限などがあると余計にやっかいですよね。以来、ずっと悩んでおりますが、まぁ、それが小生の仕事の重要な部分なので、当然といえば当然のことで…。
 お元気で、良いお年を!
【2012/12/13 01:07】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

興味深い話です。
世に専門家はたくさんいますが、「まっとうな」ジャーナリストは少ないように思います。一般人に分かりやすく、かつ、正確に伝えるのはなかなか難しいことですよね。
私も最近、「専門家」として話す機会はぽつぽつ出てきましたが、今度、一般の方に対して話すことを求められていて、どう伝えるべきか悩んでいることころです。
【2012/12/12 00:23】 URL | ATP #JalddpaA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する