FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
タダでも要らない?!
 2012年も残り3日。当ブログ(6月28日)にも書いたように今年は出張先で災難に遭い、年末になってもう一発、ボランティアの申し出を断られるという挫折を味わいました。やはり、これまでになく付いてない一年だったように思います。小生は会員としてある国際NGOを金銭的にサポートし、或いは、時々メディアに取り上げることでも支援して来ました。会員になって20年以上が経ったこともあり、いつもは買うことで支援していたそのNGOが発刊しているカレンダーですが、今回はその制作でボランティア活動をしようと思ったのです。カメラマンとしても、ディレクターとしても担当できるだけの経験を積んだという自負もあってのことです。NGOのカレンダー担当者には事前に計画を知らせた上で、カレンダー向きの写真を撮り下ろすため今年はカンボジアへ行ってきました。ついでに、スタッフが活動している現場に立ち寄って広報用の写真も撮影してきました。
 ところがです、帰国して暫くすると「カレンダー担当のカメラマン選定は大口クライアントの意見も入れて、年末に協議することになっている」と“後出しジャンケン”のようなことを担当者が言って来たのです。寝耳に水!ちなみにその担当者は年末を待たずに辞めてしまい、連絡が取れなくなってしまいました。内部で喧嘩になって嫌気がさしたとか、勝手な判断をしたことで引責辞任とかしたのでしょうか。いずれにせよ、ひとが登った梯子を外して居なくなるというのは困りものです。
 そして、年末。何の連絡もないので、こちらから問い合わせると「若い女性カメラマンに決定した」と。まぁ、若い人にチャンスを譲るのも良いことですが、何か釈然としません。新聞雑誌でプロとして通用してきた日本写真家協会会員がボランティアで寄稿すると言っているのに、要らない!というのです。カレンダーの売り上げは援助活動の資金に充てるわけですから、クオリティーが低くない写真のボランティア寄稿は悪くない話だと思ったのですが…。
 音楽の世界では昔からですが、今や文筆業やカメラマンの間でも仕事そのものより、若くてルックスが良かったり、話題性があったりする人がもてはやされ、やはり地味な中高年は相手にされないのかと拗ねたくもなります。結局その方が売れて金儲けになるからなのですが、弱者支援を目的とする特定非営利団体が、舞台裏ではこうした人選をしていることに「う~ん、ここも毒されていたか」という思いです。ということで、今年は最後まで良い話がなくて恐縮ですが、皆様どうか良いお年を!来年も当ブログをどうぞ宜しくお願い申し上げます。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
有り難うございます
 麻生泰さま
 当ブログを読んで下さった上にコメントまで、どうも有り難うございます。
 麻生さまのFBなども拝読しました。
 実は小生、当ブログ(昨年4月2日)にも書いておりますように、勤務先で「美容」を担当しておりました。もう少し早く知り合えていたら、取材にお邪魔していたかも知れません。
 外見で自身が持てなかったり、劣等感に苛まれてたり、積極的になりたいのに、なれない人が沢山います。奇しくも年頭に有り難いコメントを頂戴しました。麻生先生の益々のご健勝お祈り申し上げます。
【2013/01/02 13:38】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

美容整形外科医 麻生泰のコメント
はじめまして。
美容整形外科医 麻生泰です。
素晴らしいブログですね。
【2013/01/02 03:17】 URL | 美容整形外科医 麻生泰 #USldnCAg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する