FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
アイデンティティ維持のため
 これまで自主取材は毎年2回かそれ以上のペースで行い、この時期4月までには年末年始休暇かその振り替えを利用して、その1回目を敢行していたものでした。しかし、今年は不可能です。従って、ホームページ『東南アジアの人々』に新しい記事を加えて更新するのも、今年は1回しか出来そうにありません。もし期待して下さっていた方がおられたなら、この場でお詫び申し上げます。
 というのは、勤務先で名ばかりの管理職になって収入が激減したこともありますが、それ以上に時間が取れないのです。案の定、年末年始の休暇中に仕事が入ったのですが、その後も毎月切れ目なしに仕事があって1週間連続して休むことが出来ません。生活費を得る術がそれ以外になければ、蹴るわけにはいきません。ただ、それは小生だけでなく、殆どのサラリーマンが泣く泣くか、自らの感覚を鈍磨させてでもやっていること。喰うための業のようなものだと思っています。
 よく言われていることですが、みんながやりたくないことをしなければお金は稼げず、やりたいことをするにはお金を払わなければなりません。需給関係というか、そんな経済原則は身に染みているのですが、それでもなお、やはり自分がやりたいと思う自主取材は続けていかないことには、アイデンティティ喪失に陥るように思うのです。しかし、少なくとも小生の場合、自主取材は過去一番良かった回でトントン、それ以外は必ず赤字で、到底それで暮らして行ける収益は上がりません。なので、勤務先を辞めたり、さらに減収になったりすると、時間は自由になるかも知れませんが、自主取材の資金が捻出できなくなり、元も子もなくしてしまいます。
 かといって、日常忙殺されている取材は勤務先の肩書きや経費を使っていますので、守秘義務に加え、著作権は会社に属しています。よって、こんなテーマで誰それを取材しているといった予告のようなことや、過去の言質や映像の一部であろうとも個人サイトで載せることはできません。また、その大半が企画から自分が起こしたものであっても、そもそもネタ探しの段階から編集の仕上げに到るまで社の顔色を窺ったり、自粛したりしているので、自分のサイトに載せたいとも思いません。個人サイトは17年前の開設時から一貫して、更新が遅くなっても自分に著作権がある自分の仕事だけを載せることにしています。チャンスは夏期休暇だけになった自主取材ですが、次は何をどんな切り口で取材しようかと考えています、廃業するよりはずっとマシだと自分に言い聞かせながら。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する