FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
動機を知りたい
 先週出勤途上のこと、子どもたちが集団で歩いて来て、普段はいない警察官に行く手を阻まれました。聞けば「爆破予告」があったとのこと。後の報道によると、勤務先隣りにある観光施設をその日午前10時に爆破するという予告が警察のサイトに届いていたそうで、近隣の小中学生が避難し、路線バスも迂回ルートで運行、小生のように緊急配備の警官に足止めを喰う通行人もいました。最近、やはり近くの駅ターミナルにも爆破予告がありましたが、そちらは予告日時までに容疑者が確保されていたということでした。
 しかし、いずれにせよ二次情報を調べた範囲では犯人の動機が分かりません。声明文などはなかったのでしょうか。なければ、予告の文面から何か嗅ぎ取れなかったのでしょうか。普通テロを起こす場合、起こした後の場合もありますが、現政権や体制側に何かを中止させたり、変更させるためにという犯行声明があります。爆破ばかりではなく、過去には国交のない亡命先への移動手段が第一目的というケースもありましたが、乗客を人質に取るハイジャックなどもテロの一つです。
 テロは民主的な言論などの平和的手段では無理と思い詰めた反体制の個人や団体が、小さな資金や武力で体制に最大限の被害・衝撃を与え、その事件に耳目が集まった時を捉えて、本来の目的である自分たちの価値観や目的をアピールするために犯すことだと考えます。小生がライフワークとする東南アジアでのことですが、これまで様々なテロ現場も取材してきました。なかには体制側が反体制組織などの社会的イメージを極悪にし、軍法で民主的な裁判もなしに投獄したり、殺したりするために、あたかも反体制が起こしたかのようにみせた事件もありました。
 ところが、最近身近に頻発している爆破予告というテロは、「なぜ」という部分の情報が決定的に不足しています。もしかしたら判定ボーダーの方で自分の障害を自認するのが嫌だったり、必要な障害者手帳が発給されていなかったりして、個人的に社会に対して鬱憤や恨みを抱いてという理由であったとしても、そう判れば対策があります。検問や職質を強化したり、極右極左の思想を持った人をマークするよりも、「なぜ」そんな犯行に及ぶのかという理由や動機に着目しなくてはこうした事件の根絶は難しいと思います。(しんぼー) 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
書き込み、有り難うございます
 nayonさま
 こちらにも書き込み、どうも有り難うございます。
 しかし、「テロは起こるべき」ちょっと言い過ぎじゃないでしょうか。
 当局には一見幼稚な手口や動機に見えても、真剣に分析してもらいたく思いますが、そうさせる圧力をどうかけるかというところですね。
 やはりメディアの役割なのでしょうが、こうした地味なというか、娯楽じゃないモノはいよいよ載りにくくなりました。受け手も知りたくない、考えたくないからだとは思うのですが、いよいよ危険ですよね。
【2013/07/05 22:49】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]

テロの目的、対処
おっしゃる通り、正論だと思います。
それが、社会を見る目がなにからなにまで、考えるべき存在が喪失してしまったと思います。国や政治の姿勢を問う、組織そのものが消えうせたのです。自治をつかさどるもの、真実を報道するモノがいなくなれば、建設的な考えは社会に引きずられません。組織自体が倫理が育たない、砂の城を建てているに過ぎない。テロ情報は流していないはずです、彼らは連鎖して継続するのが嫌なのでしょう。テロは起こるべきです。
【2013/07/05 22:25】 URL | nayon #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する