FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
秘密保護法 ・・・ 難民になる覚悟が必要
 「特定秘密保護法案反対」の緊急記者会見を今日(20日)在京ジャーナリストたちが砂防会館で開き、森雅子大臣宛の抗議声明を内閣府へ届けに行きました。昨日その反対アピールに名前を連ねることを要請するメールが来たので、どうぞ小生の名前も使ってくださいとレスしておきました。小生も報道・表現の自由を侵し、知る権利の制約に繋がる秘密保護法案には断固反対です。
 この法案が通って政府が拡大解釈などした日には、ジャーナリストは日本国内で取材した日本の問題を、日本が犯罪人引渡し条約を結んでいるアメリカと韓国以外の国へ出て行って、そこからインターネットで報じなければ逮捕されるかも知れません。この夏国際ニュースになったCIA元職員エドワード・スノーデン氏のロシア亡命や、小生が取材してきた東南アジアの軍事独裁政権下の国でジャーナリストが廃業・転職したり、難民になったり、第三国へ移住していたのを思い出します。
 日本や同盟国の国益に反するなどと言っても、その「国益」はその時の政権政党にとっての、または、権力や資本の側にとっての、はたまた目先の事だけに囚われたそれで、大多数の市民にとっての国益でないことも十分あり得ます。ところが、その大多数の市民が秘密保護法は施行されても仕方がないと思ったり、そこまで長いものに巻かれなくても、自分たちの日々の生活には関係ないと無関心でいると、この法案は通ってしまうでしょう。
 世論が“寄らば大樹”か無関心だと、幾らジャーナリストが逮捕・投獄されることと引き替えに、或いは、難民になって祖国に生涯戻らない覚悟で日本の問題提起をしても、国内の大手メディアはリスクが大きいとか反社会的だと取り合わず、結局インターネットやミニコミだけの報道となり、「大多数の市民」はそれを積極的に読もうとせず、たとえ目に触れることがあっても信憑性を疑ってかかったりするのではないかと案じています。気づいた時には、いつの間にか日本が核兵器を製造・保有していたり、どこかの国と戦争が始まっていたなんてことも、他国のケースを取材してきた経験から大いにあり得ると危惧しています。(しんぼー)





スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する