FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
所有とリスクと自由
 いろいろな人や、その人たちの暮らしぶりを取材してきて、やはり自分はあまり物は持つべきではないな、持っても最小限にしておこうと考えています。仕事をし、暮らして行くのに不可欠な物で、使用頻度が大きくて買い取る方が安上がりなものは、もちろん小生も所有しています。しかし、そうでないものは、レンタルやリース、賃貸でも適当なものを選べます。不動産や車などにステータスを感じない性分と、不正や紛争の元は高じた物欲だと思っているので、賃貸アパートに住み、車が必要な時にはタクシーかレンタカーに乗り、事務機器もリースしています。ちなみに、カメラは高価なものを使っていないので買い取っていますが、更新時にはオークションなどで下取りに出し、新機の支払いに補填しています。
 小生がこういう価値観になったのには経緯があります。国が転覆したり、迫害されて難民になった人たちを見ていると、かつて不動産や預金などの資産を持っていた人でもそれらはチャラになり、とりあえず身に着けている外貨やゴールドと援助などを当座の生活費と再起の元手とし、自分自身の「やる気と能力、それに人脈」で新たな人生を切り拓いて来ています。難民の場合、日本のモノサシで見ても破産し、生活保護の対象で、国際的にも出直すための援助や機会が差し出されました。
 しかし、国内でも自然災害や人災に遭って職や生活基盤を失ったり、はたまた、体制とソリが合わずに経済社会から弾き出されるといった危惧はあります。万一そうなった場合、実際に申請するか否かの前に、資産を持っていたなら自己破産できるくらいまで処分し、生活保護を受けられるくらい簡素な生活をする覚悟と実践が必要です。預金や換金できる財産を持っていたとしても、所詮職や生活基盤を立て直さず、食い潰していては、カネはすぐになくなってしまいます。
 物を持っていない人は失う物もないので、ある意味、強くて自由です。物を持っていると失うリスクを考え、守りに入って自由に動けなかったりします。たぶん残り20年くらいの小生の人生でも、環境や社会情勢の変化から、これまでの延長線上に胡座をかいてはおれず、新たな生活を切り拓かざるを得ないかも知れません。なので、小生は普通に生活して残った余剰は、不動産や車など物に代えるのではなく、また、資産を貯めるのでもなく、自分のやる気と体力の維持に、能力を伸ばせることに、それと並行して、人脈つまりは人間関係を醸成することに使って行こうと思っています。窮地から再起した難民たちに学んだ価値観です。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:シンプルライフ - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する