FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
現代人の身勝手
 絶滅危惧種のイリオモテヤマネコやアマミノクロウサギ、ヤンバルクイナの近年における減少の最大の原因は交通事故だと新聞が報じています。ならば、奄美・琉球の生息地域では、業務と生活以外での自動車は原則禁止にしてはどうでしょうか?つまり、レジャー目的の人は、地元のバスやタクシーを利用するか、レンタサイクルか持ち込んだ自転車で移動するというのはどうだろうかと、その記事を読みながら思いを巡らせていました。 
 日本以外では上記のような交通規制にコンセンサスが得られ自然公園になっている場所もあったり、長らく紛争や戦争が続いた結果、開発されずに豊かな自然が残ったという皮肉な例もあります。何千何万年と続いて来た生態系が、わずか百余年の間に、現代人の身勝手で破壊されて良いのでしょうか。それがレジャーや目先の金儲けのためならば、傍若無人というものです。
 今月も熊本県で鳥インフルエンザが発生しましたが、3年前には宮崎県で鶏100万羽以上が殺処分されています。これなども、動物性タンパク質を安く毎日食べたいという現代人の欲望を満たすために、家禽や家畜の飼育が過密・大規模になったことから引き起こされると聞いています。玄米や野菜中心の健康志向はどこ吹く風?かと思えば、減農薬や無農薬の野菜を持ち上げながら、レタスから芋虫が出てきたりしたら大騒ぎする人や、愛好家のエゴで矮小化されたペットを好みながら、最期までは飼わない人も。命も買える商品という感覚なのでしょう。商品といえば、そもそも冒頭の希少動物などが生息できる環境こそが観光資源として商品になります。
 レンタカーや自家用車で便利に移動できるからと、生態系を損なってしまっては元も子もなくしてしまいます。遺伝子工学が発達しても、一度絶滅してしまった種を蘇らせることは不可能ですし、将来それが技術的に可能になったとしても、環境が変わってしまっていては、やはり蘇りません。観光スポットを便利に周遊したいならば、鹿児島以北のどこでも、すでに可能になっています。自分たちヒトが絶滅しないためならば、それも生態系の摂理かと思えます。しかし、豊かな生態系が残る島々で、敢えて同じ環境破壊を繰り返すのは如何なものかと憤りを感じた報道でした。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:動物・植物 - 生き物のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する