FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
新幹線に乗って思うこと
 いつの世も選挙対策か目先の経済浮揚政策が次々と放たれます。小生が住んでいる九州では3年前、福岡・鹿児島間に新幹線が開通しました。そして、最近出張で一足先に開通した東北新幹線をよく利用しています。新幹線は地方の活性化という触れ込みで延伸されて来ましたが、果たして、そうなっているのでしょうか?否。最初の最初に出来た東海道新幹線の駅でさえ、未だに一通過地点のままだったり、ターミナルの新大阪の駅周辺でさえ活性化したとは言えません。東北でも九州でも、以前はビジネスでも観光でも泊まりがけで行っていた都市や観光地が日帰り圏になってしまいました。
 それでは訪問者数は増えたとしても、夕食にその土地の名物を楽しみ、地元の人たちと交流しながら夜遅くまで飲んで、ホテルや旅館に泊まって、その土地ならではの買い物などをしてといった地元にカネを落とし、地域を活性化させる動きは確実に減っています。逆もしかり、地方在住の人は学校で学ぶのも、目新しいショッピングや飲食をするのも、日帰りで行けるようになった福岡や仙台などの拠点都市へ気軽に行くようになっています。その延長で、アルバイトや就職も拠点都市で探すようになり、地方はお年寄りばかりが残り、若者は都市へと人口の一極集中が顕著になっています。
 今の日本の一大問題が避けようがない少子高齢化による人口急減であることは周知の事実です。今後は社会・経済・文化・自然の全てにおいて、維持するだけでも大変、長大なインフラ建設などの国土開発ではなく“国土保全”が喫緊の大課題だと思います。そもそも新幹線の建設計画はイケイケドンドンの高度成長時代に立てられたもの。未だに「悲願」などと言う人もいますが、それは土地の売買や建設工事で一時的に儲かる一部の人の個人的な理由からではないでしょうか。
 一昔前「スローライフ」や「ロハス」などという言葉が持て囃されましたが、今こそそういう成熟した価値観を実践する時だと思うのです。ちなみに、この国が貿易立国であることは変えようがありませんが、その意味でも新幹線や海峡横断橋、各県の空港など高価なものを追及していくと、それは自らのコスト・オブ・リビングを上げることになり、労働力集約型産業でなくサービスや頭脳労働であっても、物価同様に我々の労働力が高くなって国際競争力はどんどん削がれ、結局、自分で自分の首を絞めることになると思うのです。今から出張する小生も在来線を乗り継いで行っては時間が足らず、きょうも飛行機や新幹線を利用してしまうという矛盾の中、こんなことを考えています。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する