FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
社員の発明は会社のもの。著作物は?
 青色発光ダイオードの製法発明で日本人の学者や技術者がノーベル賞を取ったのを機に、「社員の発明は会社のもの」というコンセンサスや法律が出来ようとしていることが話題になっています。小生など、そんな世紀の発明に全く縁はないのですが、ずっと以前から企業ジャーナリストが書いた原稿や撮った写真・映像などの著作権については頭にあります。
 原稿や写真、映像はコンピューターや機械が作るものではないので、二つと同じモノはなく、作者の色が出ることも多々あります。真似ることは出来ても、やはり人それぞれの仕事、著作になります。但し、会社の仕事としてやっていると、権利は作者に残らないのが現実です。しかし、小生はそれで仕方ないと納得しています。なぜなら、取材にかかる経費を社が持ち、仕事の量に増減があっても、出来具合に浮き沈みがあっても、社は一定の給与を出し、病気怪我で休む時は有給休暇を使え、年金や社保は社からの補助があり、退職金まで出るからです。こう考えるのも、やはり30歳代に丸6年のフリーランス経験があるからだと思っています。
 フリーランスには大きく分けて2種類あると思います。本来メディア企業の社員がする仕事を、社が社員にさせると経費が嵩むからと外注に出す仕事を下請けするフリーランス。もう一つは、企画から自分で起こした仕事をメディア企業に売り込むフリーランスです。前者だと、やはり社員と同じで仕事の著作権は自分には属しません。後者は原則、掲載や放映に対する代金を受け取る形で、著作権は自分に残ります。しかし、後者は必ずしも採用されるとは限らず、採用されても費やした日数の日当どころか経費すら取り戻せない原稿料で、赤字になる可能性も少なくありません。
 ジャーナリストだけでなく、未知の物を探し出したり、これまでにないモノを創り出したりすることを仕事とする人が、著作権や特許を自分のモノにするためには、まだ仕事の成否や評価が分からない最初の段階から手出しでやることです。しかし、場所や道具や協力者がないと始められなかったり、それに必要な資金を自分で用意できなかったりすることも多いのが現実です。小生が創り出すモノは月並みですが、自分の自由意志でテーマを決められ、発表でき、再使用もできるよう、自主取材は勤務先の勤務時間外に、100%自己資金で、勤務先の社名や肩書きも使わず続けています。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する