FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
機密漏洩に思う
 企業や自衛隊、警察の情報漏洩が事件になっています。ファイル共有ソフト『ウィニー』を巡って、著作権侵害と並んで危惧されていたことです。この問題は取材活動にも関わりがあり、いろいろと考えさせられています。
 ウィニーの争点は、ソフト自体が違法なのか、ソフトを使って悪事を働くことが違法なのか、というところです。それを言うならば、ウィニー出現の2002年以前から、小型カメラやコンデンサマイク、無線機、コンピュータ、印刷機などを使って、スパイ活動や海賊版の制作が行われてきました。しかし、道具やその開発者が悪いとは誰も言いません。ウィニーも使う人しだいのような気がします。
 では、何が違うのでしょうか。ウィニー以前から、音楽や写真のファイルもやりとり出来ていましたが、IDやパスワードを入れ、意識的に操作する必要がありました。それがウィニーを入れると、匿名で自由にダウンロードできるようになり、常時接続している間にダウンロードしたものを、また誰かがコピーしていくようになったわけです。しかし、そういった機能のソフトをインストールしたのは自分なのですから、ソフトのせいにしてはいけません。管理できないPCを、ネットに繋ぐのは無謀です。
 取材活動のなかでは、双眼鏡やカメラを持って張り込んだり、郵便受けをチェックしたり、無線を傍受することもありますが、そういう手段で得た情報は必ず足を使って、且つ、名乗って、裏を取るのが鉄則です。ウィニーなど便利でソフトで、もっと奥の情報を、恐いほど簡単に入手できる時代になりましたが、入手した情報を無責任に垂れ流したり、後で訴えられて負けるようなことはしたくありません。
 使い方によってはトンデモナク便利な新技術が、悪用や誤用ばかり目立ち、官憲に制限されてしまうのは勿体ないことです。諸刃の剣を使いこなそうじゃありませんか。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:情報セキュリティー - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する