FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
ラングーンのホテルから
 “禁酒禁煙”の15日間という入院を終え、ビルマのラングーンにやってきました。昨年11月の選挙結果を受け、民主派政党から大統領が選任されたのを機に、その「民主化」を見に来たのです。というのも、27年来の付き合いがあるビルマ人の親友がラングーンに日本語学校を開くために里帰りしていて、私に「来い、来い」と言っていたからでもあります。さて、どんな取材になるのか。
viewfromhotel 1988年の「血塗りの民主化蜂起」直後から事あるごとに取材してきた小生としては、この節目を見届けておかねばと思ってはいたのですが、なかなか腰が上がらなかったのは、観光と投資を除いては、以前と比べて受け手やメディアに東南アジアに関する興味がほとんどなくなり、インターネット情報で足りているからです。
 今回も記事やビデオリポートが売れる可能性は極めて低く、小生の個人サイトだけでの報道になってしまいそうです。それでも、著作権が自分にある記事や写真、映像で今のビルマを記録しておくことは、小生自身の存立の一部で、しなければならないと位置付けているので、また来てしまったということになります。
 しかし、ちょっと考えてみれば、国内にいても大したことは何もできておらず、まだライフワークの東南アジアに来ている方がマシだと思います。若い頃、欧米を遊学した後にタイやカンボジアに来て、ハッと「自分はアジア人だな」と思ったのがキッカケでしたが、やはり小生には「継続は力なり」しかないようです。では、初日の取材に出かけてきます。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する