FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
1年2カ月ぶりの新しい記事
 個人サイト『東南アジアの人々』に、ようやく新しい記事を加えられました。前回の更新、一昨年12月にラオスを取材して以来、1年2カ月ぶりとなってしまいました。それは、定年退職から年金受給までの5年間になかなか見通しがつかず、経済的にというより精神的に不安で、万年赤字のライフワークを再開できずにいたからです。Same as before
 久しぶりの自主取材は自分の原点に戻り、最も多く取材してきたカンボジアにしました。民主主義とは名ばかり、三権は全くと言ってよいほど分立しておらず、長期政権の独裁体制となっています。ポルポト時代の禍根と熱帯の国民性でしょうか。ちなみに、北隣りのタイは軍政下のままですし、東隣りのベトナムはずっと一党独裁の社会主義国ですが、カンボジアより遙かに経済開発が進んでいます。地政学的な条件や一国の歴史上の位置は致し方ないとして、それなりに自国に腰を据えて仕事をする人の割合が、両隣の二国はカンボジアより高いからでしょうか。
 また、遠くカンボジアにいて、逆に日本やアメリカ、中国などの近年の風潮を思わずにはいられませんでした。どこでも経済至上主義のようになり、日々の暮らしさえ安定し、そこそこ喰えていたら、違憲であろうが、モラルが低下していようが、殆どの人が問題としないという。「衣食足りて礼節を知る」ならば、衣食の過不足は一人当たりのGDP?いや、通信や運輸が発達した現代では、格差や二極化が元凶?
 断片的にしか伝わって来ないカンボジアの現状を見聞して来ましたが、運動家の檄文のような記事は書きたいとも思いませんし、書けません。ただ、日本は貿易立国ですし、人口減少が著しくなる中でこの生活を維持して行くには、これまでにない規模と深さの人的交流が不可欠です。そこには『東南アジアの人々』との付き合いも大いに含まれています。ひとり一人が、自分たちの代表が、どう付き合って行けば良いのか。それを考えるための材料になればと思っています。『移植された民主主義は…』をアップしました。ご一読いただければ幸いです。(しんぼー)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する