FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人々』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
ぶらぶらしているより遙かにマシ
Cherry blossoms in Ashiya
 10日ほど早かった桜も散り、古都で仕事を始めて3カ月半が経ちました。振られる仕事は軽い街ダネやグルメ、季節モノといった感じか、そうでなければ“ありました原稿”のリライトや再構成です。地域の問題点を深追いすることは求められず、中央や世界の動きに対する地元の反応を軟派や地方版感覚で展開することもノーサンキューと言われます。かといって、一人の人間に密着して、その人の生き方に迫るような企画にも乗ってきません。
 それでも習い性というのでしょうか、古都のアパート泊の夜は色んなタイプの飲み屋を開拓中です。また、アングラ情報の通との交流にも努めています。業種や交友関係が違う人たちとの四方山話から、社内や発表モノでは決して得られない発想やネタを頂戴したことが、これまでに何度もあったからです。
 東京で仕事をしていた30代は、フリーランスのジャーナリストやディレクターとしてキー局でニュースの特集やドキュメンタリー番組をかなり自由に作っていました。しかし、その後放送局の社員として記者やディレクターをやっていた20年のうちに、業界の体制はがらりと変わっていました。近年はフリーランスとは契約しなくなり、制作会社に属すか、派遣会社を経由することが求められます。ということで、今の身分はハケン。しかも、プロデューサーではなくディレクターとしての派遣ですので裁量権が殆どなく、企画会議にも呼ばれたことがありません。
 60を超えると途端に敬遠される社会のようですが、生涯現役でいたい小生にとっては、定年後ぶらぶらしているよりは、これでも遙かにマシ。限られた取材対象の中にも、どこかで自分なりのエスプリを利かせられないか、担当番組を少しでも面白くできないかとは思っています。(しんぼー)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する