FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
カンボジアから帰国、古都を引き揚げました
 看過できない総選挙をカンボジアで1週間取材してきました。写真=年々高層ビルが増えるプノンペン。変わらぬのは手前のトンレサップ川と王宮だけ
 帰国して2日後、引っ越し業者の都合でアパートを引き払うために古都へ。半年も住むと通りや店に親しみを覚え、新しい友人知人もできて、仕事でこそ相性が良くなかった街も満更ではありません。しかし、今夏の日本は熱帯カンボジアより暑く、盆地はその極致。引っ越し作業は楽ではありませんでしたが、暑さ対策には慣れているので、連日ニュースで注意喚起している熱中症にはならずに済みました。
 ということで、これからも全国海外・長期短期を問わず出張はしますが、引っ越し代や家賃をペイするほどの報酬がない限りは、もう自宅に拠点を据えて仕事して行くつもりです。20年以上前でも月刊誌で発表する場合は、原稿や写真を郵便やファックスで送り込み、ゲラをファックスでやりとりすることで全国どこに住んでいても問題はありませんでした。今や日刊紙やテレビでさえインターネットで即応できる時代になっています。今回のカンボジア・リポートは歌の文句ではありませんが、時の流れに身を任せてネットニュースに出す予定で、いま編集の真っ最中です。
 近年、カンボジアやタイ、フィリピンなど東南アジアに限らず、制度は一応民主主義で選挙もやっているにも関わらず、欧米でも強権的な指導者が目立ってきています。誰もが納得できる一番マシな制度なはずですが、何がそうさせているのでしょうか。カンボジアは日本が初めて国連PKOに参加した地で、日本人の明石康氏率いる国連暫定機構が多党制民主主義を移植しました。それから四半世紀が経ったわけですが、いまカンボジアでは時代が逆行しているような状況です。自由と公正がなく、投票日を待たずとも結果が明白な選挙ですが、その結果を入れて来月初頭に発表します。お時間がある方は、どうぞご覧になってください。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する