FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
言論の自由のない国 …ベトナム取材終了
 いま日本で働く約20万のベトナム人たちの故郷は、無数のバイクと車がひどい渋滞を起こし、高層ビルが次々と建設されているハノイやホーチミンシティではありません。その殆んどが疲弊した昔ながらの農業や漁業しか仕事がない地方からの人たちです。今回は『ベトナム人が見た日本』という題で、彼らの出身地を取材してまわり、今タイのバンコクへ出て来たところです。
 
mekong delta写真:南部のベトナム人たちが「ミエンタイ=沔西」と呼んでいるメコンデルタ=ビンロンの船着場で

 急激な人口減少に伴う労働力不足を埋めようと、日本は技能実習生や留学生と称してベトナム人労働者の受け入れを拡大しています。しかし、その制度や法律はまだまだ熟れておらず、個々のケースは人権問題に、総じては社会問題になりかけています。そうした問題が起こるのは、ひとえに来日前の彼らの暮らしぶり、彼らの思い、そして、彼らがブローカーにどれだけの手数料を払って、つまりどれだけの借金を抱えて来ているのか、そんな背景を理解していないからです。或いは、見て見ないフリをしているからです。
 以前の「研修生」も含め既に帰国している人から、これから日本へ行こうとしている人へ、ベトナム人同士での情報共有はできないものかと思います。その道具、スマホは日本並みに普及しています。しかし、ブラックな斡旋業者や受け入れ企業の情報は、アップした者が嫌がらせを受けるか、情報自体が削除されるかし、ネット上には良い話ばかりです。一党独裁の国ですから、国内の新聞テレビも影の部分に触れることはありません。外国人ジャーナリストの小生も、未だに外務省プレスセンターに高額な”みかじめ料”を払って監視員を付けなければ、公道や公園でさえカメラを構えると公安に制止される状況でした。加えて、顔だし名前出しで話せないコトが少なくありません。
 日越の政財界が愚民政策を押し通し、効率優先で労働力を補填し、外貨を獲得しようする強い逆風を感じての取材です。しかし、ベトナム人労働者が日本で苦い経験をするばかりで、日本を嫌いになってしまっては先はなく、右派も左派もありません。労働対価はもとより人権意識でも日本より良い条件の国はたくさんあります。帰国する明後日からこのベトナム取材の編集を急ぎます。ご期待ください。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する