FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
自主取材が一段落 新事業立ち上げ!
アサヤン企画 ヤフーに掲載した10分弱のリポート『80万を超すロヒンギャ難民 なぜ帰れぬ?』のディレクターズカットを個人サイト『東南アジアの人びと』にアップしました。日本で取材した「民主活動家との対談」を追加し、新たに「ミャンマーとタイのロヒンギャ族を取り巻く状況」も挿入しました。約22分となりましたが、一方で理解しやすくなっていると思います。お時間が許す方は、どうぞご覧になって下さい。
 さて、これで今回の自主取材は一段落ということで、新事業『アサヤン企画』(写真)を立ち上げました。「アサヤン」は若かりしころ働いていた新聞社でのあだ名です。サラリーマン時代は自主取材の経費を主に給料から捻出していましたが、定年退職して以降、インターネット企業からのインセンティブと老人ホーム等でのアルバイトだけでは、自主取材の赤字を補填できません。メディア企業でも硬派のニュースや報道企画は経費ばかりかかり、芸能スポーツをはじめ、お店や商品の紹介、延いては広告特集、テレショップなどで採算を取っています。個人に於いても然りかと。
 ちょうど個人や中小企業も気軽に動画で発信できる時代となった反面、動画の制作は台本、演出、ロケ、編集とそれぞれに知識と技術が求められ、誰でも発信できても、誰でも作れるというわけにはいきません。かといって、映像プロダクションに頼むとディレクターやカメラマン、音声さん、編集マンらの日当、それに事務所経費が積算され、短いモノでも数十万円といった見積もりになってしまいます。
 小生の場合、振り出しがカメラマン、その後、記者やディレクターをし、且つ、低予算に抑えざるを得ない自主取材を何十回と敢行して来ましたので、一人で何役もできます。ということで、今後も自主取材を続けていくために、こうした映像制作のアルバイトを始めようというわけです。宣伝になって恐縮ですが「インターネットに動画は上げたいが、自分では作れない」という方がいらっしゃいましたら、ご紹介宜しくお願い申し上げます。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する