FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
ハーモニカ教室、そして熱帯のジャングルへ
lesson_video お陰様で『アサヤン企画』への依頼が殺到。体は一つということで、日時がダブって数件断ってしまっています。前回のブログで触れた「ハーモニカ教室(写真)」に続き、「ロックのMV」や「マジックバー」、「合唱コンサート」、「フットケア」、「カイロプラクティック」、「CGソフトのCM」と量産し、定年退職前の忙しさに逆戻りです。
 個人や小企業でも制作できる料金に抑えているからこそ、これほどの依頼があるのだと思います。まさに薄利多売。ライフワークの東南アジア取材の経費を賄うには、こうした仕事を20件はこなさなければなりません。それでも、クライアントのお蔭で自主取材の独立性が保てているとも言えます。
 さて、今回の自主取材は、観光客が立ち入れない国立公園でタイと日本の“薬草ハンター”の出会いに焦点を当てます。中国の漢方薬はすっかり身近になっていますが、熱帯で植生こそ違うタイの薬草も、薬や健康食材として何百、何千年と口にされてきました。しかし、東南アジアでは紙と墨の文化ではなく、その「薬草の先生」と呼ばれるタイ人も口伝で継承しています。それだけに世界的にはまだまだ知られていない薬草もあるのではと、日本の薬学部教授と漢方薬剤師に声をかけ、彼らと一緒に国立公園のジャングルに分け入ってきます。
 なんでも教授がいま探しているのは、認知症を遅らせたり、治したりする成分が含まれる薬草だとか。60歳以上の認知症発病率は、熱帯では日本や欧米の約半分というデータからの推察だそうです。「あれ、ナンやから、そうやろ」と言葉が出にくくなり、小生もMRIを撮ると「前頭葉の血流が悪くなっている」などと診断されました。自分のためではないですが、高齢社会の問題に挑む泰日協力プロジェクトとも言えます。熱帯のジャングルに差し込む一条の光のように、地道な研究活動にフォーカスします。年末か年明け早々にはアップロードの予定。ご期待ください。(しんぼー)

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する