FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
37年目のカンボジアで
WhiteHotel 写真右のホテルはかつて「ホワイトホテル」と呼ばれ、まだ内戦中だったカンボジアで外国人を受け入れていた数少ないホテルの一つでした。ホテル名は変わり、サッシが鉄からアルミに入れ替えられていますが、バルコニーや窓の位置など外観は当時のまま。37年前初めてこの国を来た時のことを思い出しています。
 ということで「認知症に効く薬草」の探索をタイ・カオヤイ国立公園で取材した後、「ポルポト時代を越え歌い継がれる懐メロ」をテーマに隣国カンボジアはプノンペンに来ています。東南アジアをライフワークとし、当然のことながら日本人の目で日本語で報道してきました。今回のテーマも背景に日本の少子高齢社会を置き、日本の学者や歌謡曲をしっかりと引っ掛けてはいます。それでも、マスコミの需要はなく、発信は個人サイトとYoutubeの『東南アジアの人びと』だけになる見通しです。
 企業ジャーナリストとしてマスコミの内側で長年働いたので解りますが、こうしたネタをマスコミで取り上げるためには、制作予算の大きな割合を人気俳優や芸人のギャラに充て、数字が取れるリポーターやナレーターを立てるといった脚色・演出が求められます。一方、確実に黒字になり、今回も帰国直後から依頼が入っているアルバイトは、ニュースと娯楽どちらの観点からも公共・公益性が低く、記者やディレクターが取り上げようとはしないクライアントの自己満足のためのモノが殆どです。回り回って自分の知恵になったり、自らの生活改善に繋がるモノは、情報に対して能動的でなければならないからでしょうか、…。直裁的に自分が満足できるモノならば制作料を払ってくれるのが現実のようです。
 言葉は悪いですが、そこを利用して国内でのアルバイトをこなしていけば、万年赤字のライフワークも続けて行けそうです。昨日はインサート用のイメージ映像だけしか撮れず、大学キャンパスで学生に当該教授の携帯を聞き、その教授から最適の人物の名前を教えてもらい、書店でその人の著書と連絡先を入手し、アポ取りといったことに時間を費やしました。インタビュー取材まであと2時間、そろそろ本業に戻ります。(しんぼー)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する