FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
運ぶ前から空しい石
 小泉政権5年ということで、新聞にいろいろ統計が出ていました。少々のブレはあるでしょうが、歴史の大きなうねりを感じるこの頃です。
 右上がりが大前提の経済構造を、途上国や労働者からの搾取、換言すれば、内部・内外の格差を利用して、帳尻を合わせてきました。赤字国債をはじめ、買い支えられている通貨や株式、不動産ではありますが、この“張り子の虎”は、突き詰めればアメリカの軍事力という牙を持っています。
 しかし、社会は硬直し、国民にも疲れが見えます。少子高齢社会になり、アルバイトや派遣が増え、税金や年金などの社会制度が廻らなくなっています。時給800円では働きたくないと言うなら、30年ほど前の欧州諸国のように、外国人労働者や移民を入れ、基幹産業にも外国資本の参入を許すほかないでしょう。自給自足できない島ですし、生活水準は急激に落とせないので、貝のように口を閉じるわけにも行きません。
 移民を入れれば、時給800円は嫌でも、「仕事を取られた!」と訴える人が沢山でてきて、酷い外国人差別が蔓延、デモや暴動が起こり、タテマエ上は治安維持や差別禁止の法律ができるでしょう。そして、一部で貧富の逆転が起こり、差別は陰湿なものになる一方、あからさまな排斥運動が起きる可能性もあります。ここまでで、20年以内でしょうか。
 それでも、ちょっと振り返れば、東西冷戦時代から既に歪な国であり、一般の目が届かない外国では、そういうことをやってきた結果が今なのです。ジャーナリストがすべき仕事は、この先、山積まちがいありませんが、何だか『シーシュポスの神話』のようで、小石であろうが、大きな岩であろうが、運ぶ前から空しいですよね。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する