FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
カメラに写る以外のこと
 性悪説と性善説があります。前者は、人を疑って見ますが、自分を含めると自虐的と言われたりします。自分を懐疑的に見るのは、傲慢にならず、抑制や反省があって良いことだと思います。ただし、疑ってみる時に、最後には性善であるはずという期待がなければ、開き直ってしまうこともあります。
 他人と共有するか、共同で構成するものを懐疑的に見ると、性善説の人たちと衝突します。性善説を支持する人は、最初から自信が持て、団結でき、物事を迷いや不安も少なく推し進められることが多いような気がします。そこで、自分たちは性善だけど、仲間以外は性悪な人たちといった排他的な集団意識を持つと、危険です。
 罪悪感から免罪符を求めるような買い物や寄付をしたり、富の次は名誉というように、一見無駄なカネの使い方をしたりします。そんな散財の結果、富が分配され、凋落と興隆が起こり、人類滅亡のような破局は迎えずに済んできたようです。
 日々の仕事では、目の前にある、カメラに写ることばかり扱っているのですが、どうしたことか、こんな観念的なことばかり考えています。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
命の重さ
 泉さま
 いつもご愛読どうもありがとうございます。
 国際援助は平和国家としての安保代でもあると思います。軍事費に注ぎ込むより、マシではないでしょうか。また、ホームレスは確かに社会問題ですが、餓死は、まだ特異な例ではないでしょうか。個人的には気の毒と思いますが…。
 命の重さは、その人が属している国のGDPに関係なく同じと、私は信じたいのです。災害や戦乱、衛生医療の不備などで何千、何万の人が、若くして亡くなっている国や地域があります。
 今後ともご意見ご感想、どうぞ宜しくお願いいたします。では、また、お元気で!
【2006/06/02 01:49】 URL | しんぼー #.FO5MksA [ 編集]


しんぼー様

毎日ここのところいいお天気です。
考える・・・と言えば最近、日本という国も支援、援助やらで多額のお金を動かしてますよね。
安っぽい言葉で言えば確かに国同士、困ったときは助け合う・・・すばらしいことでしょう。
でも、一番身近な国内にも支援、援助を必要としている人がいるのではないだろうか?
この裕福な時代に日本でも「餓死」を耳にした時 なんだかむなしくなりました。
そしてこの先、日本でも貧富の差が著しく出てくるのでは?と考えてしまうのは私だけでしょうか・・・
【2006/05/31 21:50】 URL | 泉 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する