FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
アマチュア用カメラ
 他人は他人、その人の考え方があると思っていても、淋しいものです。有名カメラマンに憧れて、その人の作風を真似て撮ったようなアマチュア時代がなく、カメラでは喰えずにアルバイトの方が主収入だった頃もなかった“サラリーマン・カメラマン”とは、カメラマン同士でも、なかなか話が通じないからです。
 元カメラ小僧でもなく、愛好家ほどもカメラを触っていなかった人が、ひとたび就職するとカメラマンへのレールに乗っかったり、いきなりカメラマンになったりすることがあります。そういう人たちは、自分が撮りたいものを撮って、それを投稿したり、コンテストに出したり、マスコミに売り込んだ経験が少ないか、全然ありません。極端な場合は、私物のカメラで撮影したことさえなく、撮影地への旅費、機材のメンテナンスや減価償却なども考えたことがありません。
 たとえ赤字が出ても、自分の不注意から機材を壊しても、天引きされることがない月給制だから当然なのかも知れませんが、旅費をケチったり、アマチュア向け機材を使うことを毛嫌いし、そうするカメラマンを馬鹿にする傾向も見受けられます。
 フリーもサラリーマンも両方経験したことがある私は、高価な機材の良さは分かっても、プロ用を使っているから、楽な旅程だったからと言って、良いものが撮れるとは思いません。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:仕事論 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する