FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
休みに自主取材
 カレンダーに予定が入っていない部分を見て、自主取材をするために、代休消化の形で休みを取ることにしました。といっても、公休と合わせて4日間が関の山です。
 自主取材や自主制作は、私的な時間に、100%私費で敢行し、私物の機材を使い、名刺も一個人のものですので、著作権は自分に帰属し、ブログに書け、ホームページにも掲載できます。
 私の少ない経験から思うことですが、広い世界で日本のマスコミの肩書きは、邪魔になることはあっても、功を奏することはあまりありません。マスコミ関係者であることを知られると、たとえ取材編集部門の人間でなくても、官憲や税関に目をつけられたり、“額縁の内側”だけを見せられたり、被取材者にきれいごとで済まされたりします。
 もちろん政府機関の取材や、記者クラブで発表を聞いたり、プレスカードが必要な撮影などには、所属・契約しているメディア企業の“後光”が有効です。しかし、そうした取材で得られることは、個人が取材しなくても、マスコミが競って報道してくれます。
 一方、個人で仕事をすると、いくら正義であっても、後ろ盾がない怖さはあります。しかし、編集者の注文や、スポンサーからの圧力もなく、曲げられることはないという意味で、被取材者に対して責任が持てます。ただ、マスコミで発表する場合は、最悪の場合、ボツにされても構わないという覚悟が要ります。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:働き方 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する