FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
ベテランの仕事
 フリーランス時代、専門紙の連載を請け負うため、私は7人のジャーナリストとグループを組んでいました。新聞社や出版社を定年や中途で退職した、札幌から福岡からまで各地方に住む人に声をかけました。1回1人で持ちまわっても、一定水準を維持し、全国をカバーできるようにです。
 30歳前後も一人いましたが、平均年齢は50歳、6人は私より先輩でした。みんなルーティンで一通りの経験がある上に、政治経済、歴史文化、芸能スポーツといった得意分野をそれぞれに持っていたので、どんなテーマでもこなせました。事故や病気に備えてストック原稿を常に用意し、紙面に穴を開けることは一度もなく、原稿が薄いといったクレームが付くこともありませんでした。
 なぜこんな10年以上前の話をするかと言えば、心強く思っていた先輩メンバーの年齢に私がなろうとしているからです。いま契約やアルバイトの求人を見ると、まるで差別のように「30歳まで」といった年齢制限があります。社員の割合が減り、かつて社員が占めていたポジションを派遣が務めていることも多くなりました。あんな仕事というか、契約形態を見つけるのは、以前に増して難しそうです。
 会社からの月給と違って、原稿料は年齢と関係ありません。となると、実践で培った取材力や危機管理能力があるベテランの方が、安心して仕事を任せられるというものです。デスクや編集者は自分より年上の記者やカメラマンを使いにくいのでしょうか。発注・編集する側と、取材・執筆する側では、職域が違うのですから、年齢を超えた専門職同士の話ができそうなものです。もし感覚やスタイルが古いから、読者との間にズレが生じるという危惧を抱いているのならば、それこそ少子高齢社会、受け手の高齢化も進んでいる筈で、ズレはないと思うのです。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:ひとりごと - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この一文を読んだからとて、なんら現実はかわらないのですが、
しかしほんの少し勇気が出ました。
3歩進んで2歩下がる、残った1歩の積み重ねを大切にしたいものです。
【2006/08/02 00:59】 URL | ヒロポン #cL7lPFG2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する