FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
企画はキツイ!
 テープ起こしやダビングなら「何時でも来い」ですし、対象が決まっている撮影や台本のある編集といった仕事なら力で押し切れます。ですが、何もないところから企画を立てるのは、やはり何年やってもキツイものです。
 慣れや経験は企画以外の仕事ではモノを言いますが、思いつきや勢いが大切な企画には、ない方が良いのではと思ったりします。つまり、長くやっていると、何を見ても、以前にやったように思えて、“焼き直し感”がないテーマや対象は、なかなか見つからないのです。
 もちろん、確実に頭も固くなっていますが、時代背景が違ってきているとか、「あれは、もう時効」と言ったところで、いつの時代も人間は人間です。まぁ、だからこそ、時代を超える名作もあるわけですが、私が同じテーマでやると、役者と大道具を入れ替えただけの駄作間違いなしです。
 旬の事象は、当然だれもがやっているので、かなりの変化球でないと恥ずかしいことになります。かといって、隅狙いは一般との強力な接点を作れない限り、大冒険になります。先にお代を貰っているような仕事なので、個人的に興味があるサブカル的なことは出来ません。ならば、普遍的なテーマで突っ込むと、とても表に出せないようなドロドロした話が出てきたり、プライバシーを楯に取材拒否に遭ったりします。
 頓挫させて、穴を開けるなんてことは、もってのほかです。内容が薄いからと、過剰演出はいけません。おだてすかして最後まで撮っても、方向性や次元の違う話が入り込んでくると、散漫になります。ならばと、取材着手後に得たもので纏め直すと、美談だった筈の話が往々にして問題提起や追及、皮肉になってしまい、そのまま発表したら訴えられる可能性もあります。
 カネを渡して撮らせてもらっては、ヤラセと言われても仕方ありません。ですから主人公というか、話の芯になる人は結局、次の三者のどれか、もしくは、その掛け合わせになります。(1)生来の「目立ちたがり屋」や「出たがり」、(2)メディアの功罪が良く分かっていない高齢者や障害者、(3)宣伝・販促にメディアを利用しようとしている企業人や個人。
 正直言って、こうした人たちには、食指が動きません。了承が得られる人は、突き詰めれば上のどれかに当てはまるのではないかと憂鬱です。理想は、まず自分が素直に共感できる人。そして、乗せる必要もなく、乗せられることもない人なのですが、見つかったとして、果たして話が持つかが、また不安です。(しんぼー)
スポンサーサイト




テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する