FC2ブログ
プロフィール

しんぼー/Shinboh

Author:しんぼー/Shinboh
フォトジャーナリスト
Photojournalist
詳細は下記サイトへ
ルポ集『東南アジアの人びと』
"People in Southeast Asia"

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フォトジャーナリストの戯言
取材に基づく記事やビデオリポートではなく、日々の戯言
17万超えに、申し訳ない気分
 ウェッブサイトが17万クリックを超しました。どうも有り難うございます。しかし、更新が滞っているので、心苦しくて仕方ないのです。言い訳になりますが、公休を休めたり、9時頃までに帰宅できたりすれば、両立できるのですが、それが難しい状況が数ヶ月続いています。今夜こうしてブログを書く時間が出てきたのは、勤務先でプロデューサー・チェックなるものが予定より早く済んだからです。久々に自分の仕事を進められましたが、こんな時間があと2、3回なければ、新しい記事をアップする所までは行けません。
 というのも、来月上旬締め切りの企画のリサーチが、“内野ゴロ”ばかりで、未だヒットが出ていないのです。じりじりと締め切りが迫っています。当たる時は、消化できないほど当たることがあっても、空振りが続く時期もあります。これは仕事を探すフリーランスの人や、ノルマを課されている営業職も同じでしょう。相手が必要で、相手の都合がある仕事は、自分一人でガリガリ頑張っても、どうにもならない時があります。
 探して歩くフィールドを変えれば、また新しい人に出会いますが、それを変えるのは言うほど易しくありません。ならば、自分を変えれば、周囲が違って、新鮮に見える筈です。しかし、自分一人のこととはいえ、これが前者以上に難しいのです。
 普段から時事モノを扱っていたら、一つの大きな事件や事故を継続取材したり、あるいは、関連する事象を積み重ねたりして、社会問題として提示したり、時代を浮き彫りにするといった手法も取れます。ですが、ニュースも「これまでにない」ものを追っていますから、以前より数や規模が小さかったり、似たような話だったりすると、送り手も受け手もあまり興味を示さなくなります。そこで、5W1Hの中でも「なぜ」、「どのようにして」に焦点を当てれば良いのですが、専門的で地味な分析記事になってしまう恐れがあります。
 振り返ってみますと、結局、面白い企画には「コロンブスの卵」的な閃きが必要でした。閃けば、探すモノがハッキリし、見つけるのは簡単です。上がった企画書を見れば、けっこう「なぁーんだ」といったことなのですが、それが難しいのです。ガリガリやっても全然ダメだということだけは分かっていますが、では、「どうしたら?」は分かりません。新聞雑誌、ネットサーフィン、データバンク、図書館や本屋、映画を観る、飲みに行って話す、パァーっと遊んでみる、仕事関係なしの旅行。どれも必要条件ではあっても、十分ではありません。困ったものです。(しんぼー)
 
スポンサーサイト




テーマ:ぼやき - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
いつも有り難うございます
 ヒロポンさま
 以前にも書き込んで頂いたことがありましたね。いつもどうも有り難うございます。
 他人がやったネタは、ニュースだったら、抜かれたということですね。新聞は一紙しか取っていないのが普通ですから、看過できないニュースなら、続報を入れて後追いすべきだと思います。しかし、企画モノは、何年かの間隔が空いていなければ、つまり大きな変化がなければ、いくら演出や構成を変えたと言っても、二番煎じは否めないでしょう。
 また、新聞、雑誌、書籍、テレビという媒体の種類の違い、あるいは、英語や日本語、中国語といった使っている言語が違えば、同じネタでも「パクリ」にはならないという考え方があるのも事実です。それを盗作だと言えば、キリがありません。ヨソがやったことでも、上からの命令でしなければならないこともあります。
 それでも、個人的には手垢のついていないネタをやりたいので、企画を出す際は、その辺りでいつも悩んでいます。同じやるなら、その方がやり甲斐があるし、たとえ料理が稚拙でも誠意が伝わると思うからです。
【2006/10/24 01:22】 URL | しんぼー #s5hMGlx. [ 編集]


企画探しのたいへんさ、痛み入ります。
実は昨夜、好きでいつも見ているヒューマンドキュメントの次週の番線で
若年生認知症の方が出ており、どこかで聞いたような話だと思って名前を
検索してみると、昨年の初頭からいろんな番組でとりあげられており、
最近のしんぼーさんの勤務先でもドキュメント枠でフィーチャーされて
いますね。

もちろん、作品は結果がすべてであるから内容がいい作品をつくれれば、
それでOKなんだろうと思います。しかして、自分を制作者の立場に置き
換えて考えた場合、私はひねくれ者なので、近年他人が手をつけたものは
やりたくないかな…と思うのですが。

いい題材に手をつけたいというのは取材を生業とする者であれば誰でも
望むことだとは思うのですが、だからといって他人にやられた題材に
手をつけるのは取材者としての矜持を感じないのもじじつです。

しんぼーさんは、この問題(というほど大げさなものでもありませんが)
どのように考えられますか?

TV批判とかそんなんじゃなくて、ちょっとした好奇心で質問させてください。
【2006/10/23 22:29】 URL | ヒロポン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する